Author: addminz | Date: 2015年5月24日 | Please Comment!

近年は「婚約指輪はいらない。結婚指輪だけでいい」

という方が増えているそうです。

理由としては「仕事柄、指輪を身に着けない」

や「普段使いできない」

、また「指輪を購入するお金を他のものに使いたい」

などがあるようです。

そして、この婚約指輪はいらない、と言っているのは女性からの意見が大半だというのです。

つまり男性は反対に指輪を贈りたい、つまり指輪はいるものと言っているということになります。

仕事柄、身に着けることがない方や、あまり装飾物が好きではない方は仕方ありませんが、「普段使いできない」

と思っている方は、婚約指輪というものが基本的に『1点物』という概念があるのではないでしょうか。

最近では普段でもフォーマルでも身に着けて使用することができるように、結婚指輪とセットであらかじめ指輪のデザインをフルオーダーしてみたり、セット使用しても大丈夫なよう、ごくシンプルなデザインの指輪を選んでみたりと自身のライフスタイルに合わせて購入できるようになっています。

現在、結婚されている方に「結婚前、一番嬉しかったことは?」

という質問をしてみたところ、多くの割合を占めていた答えが「婚約指輪をもらった時」

だったそうです。

理由は主に「相手が結婚するということを真剣に考えてくれていた」

、「相手が何とか自身でけじめをつけようと考えてくれていた」

というものが挙げられています。

また「とても金額の高い品物を、本人のためではなく自分のためにと考えて指輪を購入してくれた」

という意見もあったそうです。

さらに婚約指輪は、これから長く続く結婚生活の中で、何か嫌な出来事や何となく気持ちが落ち込んでしまった時などに、「プロポーズされた時の、その時の嬉しい気持ちや相手を素直に想う気持ちを思い出すことができるアイテムだから」

といった意見も挙げられました。

カップルそれぞれのライフスタイルや好み、仕事上の都合などもありますが、婚約指輪は必要なアイテムでもあり、そこまで必要ではないアイテムでもあり、というところではないかと思います。