Author: addminz | Date: 2015年5月24日 | Please Comment!

プロポーズされた時に婚約指輪を贈ってもらった方や現在結婚している方は知っていらっしゃるかもしれませんが、実は指輪をいただいた『お返し』の習慣があります。

時々耳にすることもありますが、『半返し』という指輪を贈られたことに対してのお返し行為は結構定着しているのだそうで、つまりは結婚祝いの半返し、結納返しと同じようなものだそうです。

半返しの基本は婚約指輪の半額程度の品物を贈ること。

そして普段使いができて身に着けることに抵抗がないもの、実用的なものというのが通例となっているようです。

お返しの品としてよく選ばれているものは、腕時計やネクタイピン、少し高価な文房具、相手の方の趣味のもの、会社勤めに必要なスーツや小物などです。

中には旅行券を贈って二人で婚前旅行に出かけるカップルもいるそうです。

婚約指輪をいただいたお返しなので、なるべく相手の方に喜ばれるような、普段から使ってもらえるような、そんな品物を選んでみたほうがいいのではないかと思います。

半返しの習慣で一番多いお返しが腕時計だそうです。

毎日身に着けられるもので一生大切に使ってもらえるものでもあり、中には手ごろな値段でも一生物の価値がある腕時計も存在します。

さらには婚約指輪のアームの内側に刻印しているメッセージやイニシャルを同じように腕時計の裏ぶたに刻印してオリジナリティーを出しているものもあるそうです。

また、あえて機械式(ねじを巻いて動く形式)を選んで、身に着けて愛着が湧いてくれるように、との思いを込めてお返しする方もいるそうです。

次に多いのはネクタイピンだそうです。

婚約指輪のお返しなので少し高価なネクタイピンになります。

高価なものだと、本人では購入することがあまりないだろうし、何より大半の男性にとっては大変実用的なものなのでネクタイピンは腕時計同様喜ばれるでしょう。

これらのお返しは婚約指輪で喜ばせてもらった女性側からのおすそ分けです。

これから二人で何でも分かち合うのですから喜びも分かち合えるお返しはいい習慣だと思います。